夜用ブラは、胸を寄せて離れ乳にならないようにサポートしてくれるの?夜用ブラの働きって?

夜用ブラとは、就寝中に装着することを専門としたブラのことです。
就寝中は体が横になり、また左右に寝返りを打つことも多くあります。その結果、バストが横に流れたり、下垂しやすくなると言うことができます。

このような状態で恐ろしいのが、乳房や乳腺を支えているクーパー靭帯と呼ばれる靭帯が伸びてしまったり、ちぎれてしまったりすることです。

左右の胸が離れてしまう離れ乳の発生も、このクーパー靭帯が伸びてしまうことがひとつの原因だと言われています。

クーパー靭帯は、一度伸びてしまうと元の状態に戻すことは不可能です。
よってそうならないように努めることが重要であり、夜用ブラはそのサポートに働きが期待できます。

夜用ブラを着用して、その中に胸やその周囲の脂肪を寄せるようにして収納した上で就寝すると、バストが流れてしまったり、下垂してしまうことを防ぐことができます。

更にそのサポートによって、クーパー靭帯にかかる負担を軽減する働きが期待できます。就寝中でもバストが寄せた状態で保たれており、なおかつクーパー靭帯の負担も軽減できるので、夜用ブラは離れ乳の予防に効果が期待できると言う具合です。

夜用ブラ 離れ乳 寄せ

コメントは受け付けていません。