胸のコンプレックスとして、ハリが無く、下垂ぎみになってしまう原因って何?改善方法ってあるの?

年齢を重ねるとともに胸にハリが無くなり下垂してきて、コンプレックスに感じている人は多いのではないでしょうか。

女性のバストは脂肪で構成されていて、その脂肪の下には大胸筋などの筋肉があり、運動不足や加齢などでこの筋肉が弱くなってくる事が原因で脂肪を支えきれずに垂れ下がってきます。

また、身体が上下するような激しい運動を行うと、体重移動の時にバストが大きく揺れてしまうため、この時の衝撃がバストを支えるクーパー靭帯を伸ばす原因となるためハリが無くなり下垂の原因になるのです。

この様なコンプレックスを改善するには、激しい運動や身体が上下するようなランニングやジョギングを行う際は、胸の揺れをがっちりサポートしてくれるスポーツブラを着用することが重要です。

また、胸の脂肪を引き上げるためにも腕立て伏せなどの大胸筋を鍛える筋力トレーニングを行う必要があります。女性であれば膝を着いた四つん這いの姿勢で腕立てを行う事でバストの下垂を改善できます。

一度ハリが無くなり下垂してしまうと改善するまでには時間がかかるので、まだそれほど進行していないのであればなるべく早めに対策をして、継続する事でコンプレックスを無くしていきましょう。

胸 コンプレックス 原因

コメントは受け付けていません。