胸が垂れてしまう原因に年齢は関係があるの?加齢とともに胸は垂れやすくなるってホント?胸の垂れを予防することってできるの?

胸が垂れる原因は年齢に関係があります。加齢により、大胸筋が落ちてきます。そうすると胸を引き上げる力が落ちるので垂れてしまいます。

また、胸を吊り下げているクーパー靱帯も加齢とともに伸びてきます。更に発達していた乳腺が加齢とともに衰退し脂肪の割合が増え、はりがなくなり垂れてきます。

年齢を重ねても垂れるのを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、大胸筋を衰えさせないようにして予防しましょう。
筋肉を鍛えるのは筋トレです。家で行うなら腕立て伏せが一番良いでしょう。
肩幅より広めに手をつき、背中は伸ばしたまま、顎が床に付くくらいまで肘を曲げます。少し止めてまたゆっくり元へ戻します。これを10回繰り返します。

しかし、年齢を重ねた女性では腕立て伏せは難しいという方も多いことでしょう。その場合は、膝を曲げて同様の動作をしてみて下さい。
それも無理なら壁に手をつき、肘を曲げる動作をしましょう。そこから始めて最終的には腕立て伏せまでもっていくようにします。

もしジムの通えるならバーベルやダンベルを使ってトレーニングを行うとより効果的です。

もうひとつ、大切なことは、体に合ったブラジャーを付けることです。合わない物を付けていると垂れてくる原因になります。フィットしたブラジャーで予防できるのです。

胸 垂れ 年齢

コメントは受け付けていません。