胸がそげる原因にクーパー靭帯の伸びなどもあるの?クーパー靭帯の胸への働きと保護の方法って?

結論からいうと、胸がそげることにクーパー靭帯は関係あります。
クーパー靭帯というのは、乳房を、その上の鎖骨の辺りにつなぐ役割をもっています。
そして、損傷をしやすいことが指摘されています。

例えば、激しく上下に胸が揺さぶられてしまうジョギング等で、きちんと胸を固定するようなブラをしていないと、クーパー靭帯が切れてしまい、胸の形が崩れる原因のひとつになるとされています。

そういったことがなくても、どうしても年齢が上がるとそげてきてしまうというのはあるのですが、クーパー靭帯の伸びや損傷をなるべくふせぐように若いときを過ごすことで、そげるスピードを落としたり、美胸を保護できる可能性は高いといえます。

クーパー靭帯の働きを理解した上で、伸びないよう、乳房が揺れすぎたり引っ張られないように気を付けることは、無駄ではありません。

なるべくそういった保護をする働きの機能性の高いブラをつけたり、運動をするときなどは手で押さえてあげるのも、そげるのを予防するのにはいいです。

伸びてしまうともとに戻らないとされているので、若いうちから靭帯の保護を意識してくらすのは、無駄ではありません。

今は靭帯の保護を重点において開発されているブラもあるので、そういった働きのものを選んでつけていくことも、大切です。

胸 そげる クーパー靭帯

コメントは受け付けていません。