胸の形が悪い原因にはどのようなものがあるの?その改善方法って?

大きさ、色…女性が持つ胸についての悩みは多種多様。なかでも、形が悪いのは服装にも大きく影響するので、ひそかに思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

では、胸の形が悪いのは、一体なぜなのでしょう。
原因として最も大きく考えられるのは、合わない下着を使用していること。

小さいサイズを着けている場合、締め付けが強くなることで胸の形が歪んでしまいます。血行も悪くなるため、黒ずみ、肩こり、頭痛の原因にもなる等、健康にも良くありません。大きいサイズを着けている場合も同様です。身体が下着に合わせようと緊張して猫背になり、形が悪い原因になります。

改善方法としては、まずは定期的にブラジャーのサイズを見直すことです。自信がない場合は試着を繰り返したり、店員さんに相談したりしましょう。
おすすめは、締め付けによるストレスが少ないワイヤレスブラ。猫背を矯正する為に、背中側のフォローがしっかりしているものも最近では増えてきましたので、ますます改善方法として期待できます。

また、睡眠時に専用のナイトブラを使用するのも改善方法として有効。軽い着け心地で、横になったときに流れてしまう胸をしっかり支えてくれます。但し、起きているときの胸を支える昼用のブラジャーを着けて眠ることは、血行を悪化させてしまうのでやめましょう。

胸 形 悪い

コメントは受け付けていません。