ナイトブラは、胸を寄せて離れ乳にならないようにサポートしてくれるの?ナイトブラの働きって?

就寝中に装着するのがナイトブラですが、これには就寝中のバストの形を補正すると言う働きがあります。

就寝中、体は横になります。そして左右に何度も寝返りを打つこともあり、その度にバストも横に流れたり、垂れたりします。
するとクーパー靭帯にも負担がかかり、それが伸びたりする恐れもあります。

クーパー靭帯は、脂肪の塊である乳房や乳腺を包み込むようにして支えているコラーゲン繊維の束のことです。
一度伸びてしまうと、それが元の状態に戻ることはなく、それが原因としてバストの形が崩れたり、垂れたりすることもあります。

左右の乳房が離れてしまう、離れ乳も、このクーパー靭帯の伸びか大きな原因の一つだと言われています。

就寝中、ナイトブラを装着すると、胸やその周辺の脂肪が寄せられるサポートを期待できるため、体の動きに合わせて胸が流れる、垂れると言うことを予防できます。

そしてそれによるクーパー靭帯への負担も避けることができるので、離れ乳にならないようなサポートが期待できると言えます。

この働きを期待するためには、胸やその周囲の脂肪をしっかりと寄せ集め、ナイトブラの中に収納することが大切です。

ナイトブラ 離れ乳 寄せ

コメントは受け付けていません。