おやすみブラは、胸を寄せて離れ乳にならないようにサポートしてくれるの?おやすみブラの働きって?

寝る時につけるブラであるおやすみブラは胸を中央に寄せて離れ乳にならないようサポートしてくれる効果があり、他のブラにはないバストのクーパー靭帯を助ける働きを持っています。

おやすみブラで離れ乳が改善できる理由は、このブラが夜に布団に横になっても胸が上を向いた状態のままでいられることです。

乳が離れてしまうのは乳房に脂肪が多く柔らかいので、形が変わりやすいことが関係しています。普通のワイヤーブラは、横になると乳房が広がることを防止できません。

おやすみブラは胸を左右から中央へと寄せる作用があるので、就寝しても胸の形が変わらずにすみ離れ乳にならないようサポートしてくれる効果的なブラとなるのです。

おやすみブラが他のブラと異なっているのは、クーパー靭帯をサポートする働きがあることが理由にあります。クーパー靭帯は胸の脂肪を吊って上げる役目を担っており、乳房が上を向いているのはクーパー靭帯が活躍しているからです。

クーパー靭帯は負担が脂肪の重みで負担がかかり、伸びてしまうことがあります。おやすみブラは伸びてしまわないように、クーパー靭帯をサポートしてくれる働きが優れています。

この靱帯が守られることで乳房が中央に寄せられやすくなり、離れ乳の改善効果がより高まります。

おやすみブラ 離れ乳 寄せ

コメントは受け付けていません。