ナイトブラの正しい付け方をすると、胸の形の補正や、クーパー靭帯の保護にも役立つの?

最近種類が豊富になってきたナイトブラですが、昼間に着用するブラは立った姿勢で胸を重力から保護する役目があります。

ナイトブラはそれとは少し違っていて、寝ている間に胸の形が崩れてしまうのを防ぐ役割を持っています。

補正下着は、強い締め付けで体のお肉を上へ上へと押し上げバストアップしてくれるイメージがあると思いますが、ナイトブラに関しては補正下着とも少し違っていてい、睡眠を邪魔しないストレスを感じない圧で体を包みます。

横になった時に胸のお肉が横方向へ流れて行くのを防ぐ役目を持ち胸の形を補正するのです。

なぜ、胸の形をキープしなければならないのか。それにはクーパー靭帯が大きく関わってきます。

クーパー靭帯とは胸のふくらみを形成する靭帯のことです。寝ている間にこのクーパー靭帯を保護するためにナイトブラがあるのです。

付け方も重要で、脇に流れているお肉をリンパマッサージをしながらしっかり集める事が大切です。付け方一つで朝まで胸の靭帯を保護できるかが左右されるので、着用するときは正しい付け方とマッサージの仕方をセットで行うとバストアップにもつながり美しい胸をキープできる事でしょう。

バスト下がりの大敵であるクーパー靭帯の伸びから胸を守るため、ナイトブラは大変おすすめです。

ナイトブラ 付け方 形

コメントは受け付けていません。