付いた背肉に効くストレッチは、どれくらいの期間行うと効果が出始めるの?

背肉に効くストレッチはと言うと、とにかく肩甲骨を動かすようにすることがポイントになります。

効果的に肩甲骨を動かすことで背中の周りに筋肉が付き引き締まります。また、筋肉を伸び縮みさせることで血流が増し、新陳代謝が高まるので脂肪が付きにくくなり、肩こりなどの予防にもつながるのです。

そのストレッチの方法はというと、肩甲骨を広げるようなイメージで身体の正面で両腕の肘と肘を合わせます。この時に両手首を内側に捻りながら行うとより背肉に効くようになります。

またその反対に今度は肩甲骨を狭めるイメージで両肘が耳の後ろになるくらいまで開きます。この時には手首を外側に捻り、手のひらが外側を向くようにするとより効果的です。開いたり閉じたりした状態で5秒間キープし、この運動を10回位繰り返して行うことで背肉が取れ引き締まってきます。

どの位の期間このストレッチを続ければ効くのかと言うと、このストレッチに限らず運動全般に言えることですが、運動効果と言うのは運動を開始して3週間という期間を経過した後に次第に現れ始めるので、少なくとも3週間以上は続けることが必要となってきます。

どのような運動でもある程度の期間継続して行う事が一番の方法と言えるでしょう。

背肉 ストレッチ 期間

コメントは受け付けていません。