ナイトブラで胸の補正をすると、クーパー靭帯の保護にも効き目があるの?クーパー靭帯の保護は胸の垂れや流れ予防にも効果的?

ナイトブラで胸の補正をすると、クーパー靭帯の保護にも効き目があるかどうか、またこの靭帯を保護することは、胸の垂れや流れの予防になるかどうかに関しては以下の通りです。

ナイトブラは就寝中に付けることを目的としているブラです。ナイトブラの最大の役割は、寝ている際、つまり横になっている時に胸の形を補正すると言う役割です。

横になっている際には、バストは重力に流れるような形で下に垂れます。するとその重みでクーパー靭帯が損傷を受けてしまいます。その積み重ねによってバストが垂れてしまうと言うことにもなりかねません。

そうしたことを予防するためナイトブラで就寝中、バストを補正することには、クーパー靭帯を保護して、バストの形を整えることに効果が期待できると言えます。

クーパー靭帯は、脂肪の塊である乳房や乳腺を支える役割を果たしています。立っている時でもバストが丸みを帯びた形を保って下に流れないのは、クーパー靭帯の役割のお陰です。しかしこの靭帯は、靭帯なのに伸びる、ちぎれると言う性質を持っています。
そして一度、そうした状態になると、元に戻ることはありません。
するとそれが原因で胸の垂れ、流れが発生することもあります。

よってこの靭帯の保護は、そうしたことの予防にもつながります。

ナイトブラ 補正 クーパー靭帯

コメントは受け付けていません。