クーパー靭帯の保護のためのブラの付け方で注意点ってあるの?クーパー靭帯が下垂しないような正しいブラの付け方って?

クーパー靭帯はコラーゲン繊維の束で、バストや乳腺を支えると言う役割を担っています。そのためこれが伸びたり、ちぎれたりするとバストの形が横に流れたり、下垂してしまう恐れがあります。

しかもこうなると元の状態に戻すことはできないので、そうならないようにすることが大切です。

クーパー靭帯を保護するためにブラの付け方に注意点はあるかと言うと、これはあると言えます。
ただブラを付けているだけではあまり効果を望むことはできないので、正しい付け方を実践することが求められます。

注意点としては、バスト周りの脂肪もブラの中に収納することでキープするようにすると言う点です。
これはバスト周りの脂肪が出ていると、それに引っ張られる形でクーパー靭帯が下垂してしまう可能性があるためです。

またバスト周りの筋肉、大胸筋や小胸筋はクーパー靭帯の機能を助ける役割を持っています。そのためそうした筋肉もしっかりとキープすることで、この靭帯の伸びやバストの崩れを防ぐことが期待できると言うことです。

正しい付け方ですが、ストラップに腕を通したら軽く上半身を倒し、バスト周りの脂肪を集めるようにすると良いです。

クーパー靭帯 ブラ 付け方

コメントは受け付けていません。