おやすみブラの付け方によって効果に違いはあるの?おやすみブラの正しい付け方って?

おやすみブラは正しい付け方をする事でさらに効果の違いを実感出来ます。

付け方の中でも一番重要なのは、よく楽だからといって日中動き回る時におやすみブラを付ける方が居ますが、日中おやすみブラを付けない事です。

この理由は立った姿勢で動く時にはバストをしっかりと支える裁断・素材のブラジャーを使わなければバストを支えるクーパー靭帯に負担がかかり垂れの原因になってしまうからです。

また付け方をちょっと工夫するだけでもかなりの違いが出てくるのですが、例えば一般的なブラジャーは上から腕を通して付けますが、伸縮性が高く柔らかい素材で作られているおやすみブラは出来れば足元から通して付けた方が伸びを防ぎ効果的にバストの流れや垂れを予防します。

また、正しい付け方として良く言われるのが、ただ腕を通して着て終わりではなく、脇の脂肪や背中のお肉、アンダーバスト周辺のお肉を中央に寄せ正しい胸の位置に持っていき固定するように着用すると自然と脇や背中の脂肪がバストの脂肪として記憶され、さらにバストアップになるという事です。

たったこれだけの作業を続けるだけでただ何となくおやすみブラを付けるよりも違いに差が出、効果的にバスト形成になります。
おやすみブラ 付け方 効果

コメントは受け付けていません。