おやすみブラで胸の垂れを改善するための、付けるタイミングや期間はどれくらいを目安にすれば良いの?

加齢とともに気になってくる胸の垂れは、寝ているあいだにも加速してしまいます。おやすみブラでこうした悩みを改善したい場合、目安としてどのくらいの期間、どんなタイミングで付けたらよいのでしょうか。

おやすみブラで改善したい場合、ブラを付ける期間は長ければ長いほどよいでしょう。
仮に、胸の垂れが改善したからといっておやすみブラを付けることをやめてしまったら、再び垂れてしまうおそれがあります。

ですので、特に期間は設けず、垂れが改善したとしても付け続けるのがよいでしょう。そうすることで、いつまでもきれいな形の胸をキープできます。

おやすみブラを付けるタイミングの目安は、お風呂からあがったあと身体をタオルで拭き、パジャマに着替えるときです。
夏場など、過剰に汗をかいてしまう場合は、お風呂からあがったら少し待ち、汗がひいてからでもよいでしょう。

いずれにせよ、付けるタイミングは寝る前ではなく、お風呂からあがったあと、なるべく早めが効果的です。
目安としては、ブラをしない状態で過ごす時間が1日1時間以内であればパーフェクトです。

胸は支えがないと簡単に垂れてしまいますので、基本的には何らかの形でサポートするのが基本です。
おやすみブラ 垂れ 改善

コメントは受け付けていません。