背肉のハミ肉を矯正してくれる下着の付け方のコツって?正しい下着の付け方は?

下着を付けたときの背肉のハミ肉はみっともないし、できるだけ矯正したいですよね。実は、ちょっとしたコツで誰でも正しい付け方をすることができます。

まず、下着を着ける前に背筋を伸ばして正しい姿勢になります。背肉がつく原因の1つは姿勢の悪さなので、下着を着けるときも姿勢を良くすることで背骨を矯正できます。そして、両足を肩幅に開いて立ち、上体を前に90°倒します。

このお辞儀のようなポーズで、背肉のハミ肉を胸の方に寄せながら下着を付けます。一度普段通りの付け方をしてからハミ肉をカップのなかに入れるようにするのがコツです。

このとき下着のサイズが合っていないと感じたら、できるだけ早く買い換えるようにしましょう。サイズの合っていない下着はつけているだけで血行を悪くしたり、姿勢が崩れやすくなってしまいます。

上体を起こしてよい姿勢に戻り、鏡を見て形が整っているか確認します。アンダーはフィットしているか、カップの中はスカスカになっていないか、背肉のハミ肉が変な位置に残っていないかをチェックしたら出来上がりです。

コツさえつかめば、簡単に正しい下着の付け方で背肉のハミ肉を矯正することができます。続けることが大切なので、継続していくようにしましょう!
背肉 矯正 ハミ肉

コメントは受け付けていません。